CxO人材バンク

トップページ CxOインタビュー
M&Aビジネスで飛躍!いくつもの荒波を乗り越えたCEOのキャリアとは…

M&Aビジネスで飛躍!いくつもの荒波を乗り越えたCEOのキャリアとは…

起業を志す中で苦悩の20代を過ごした横山さん。そんな横山さんが、起業してからM&Aの人気サービスを築き上げるまでの軌跡をお話ししてくださっています!夢に向かうこと、思い切った決断をすることの大切さを学ぶ事のできる回です!

CxOの履歴書チャンネル動画
プロフィール
企業名
サイトキャッチャー株式会社
出演者
CEO

代表取締役

横山 良雄

M&Aピッチ     参加申込みフォーム
https://forms.gle/zQnU7aWhD8aMsr967
経歴

2005年に大学卒業後、リフォーム営業の会社に就職。その後、ネット広告代理店のセプテーニ・ホールディングスや、楽天でネット広告企画・販売、ウェブマーケティング事業に従事。2015年に独立してAishare株式会社 代表取締役に就任。大手自動車メーカー・マテリアルメーカー・女性メディアなどのウェブ戦略・マーケテイングを実施。2020年9月にサイトキャッチャー 事業を買収し、M&Aファースト株式会社(現:サイトキャッチャー株式会社)を設立。

インタビュー記事



就職氷河期にリフォーム会社へ

本日はサイトキャッチャー代表の横山さんにお越しいただいております!
まずはですね、横山さんのキャリアを聞いていきたいのですが、2005年に株式会社WRCホールディングスに入社して、リフォーム営業を担当されていたのですね。
これ知らなかったです!

そうですね。あまり言っていないのと、現在は民事再生が適用されていて、この会社無いんです、、、
そのニュースを見ようと思ったのですが、昔すぎてその情報もネット上になかったです。

なぜ民事再生になったのですか?

当時、「姉歯事件(※)」というものがありました。
ちょうどリフォーム会社に新卒で入社したタイミングでその事件が起こり、、、まあ酷かったですね。

※姉歯事件:2005年に起きた、鉄筋不足で強度が足りない建物が次々に発覚した、構造計算書偽装問題

ちょっと運が悪い感じがありますね笑

いまはめちゃくちゃ運良いと思っているのですが、当時は就職氷河期の最後の世代で、面接も6回あったんです。6次面接までしたら、良い会社だと思うじゃないですか笑

大事にしてくれている感じもあるし、突破していってる感じもありますよね!

そうなんです。会社が悪いわけではないですが、不動産・リフォーム業界はすごく冬の時代でしたね。

新卒で営業成績トップ そしてIT業界へ

そのあとに上場企業に入社していると思うのですが、これは普通に転職活動をして入社したのですか?

そうですね。1社目に入社して、タイミングが悪かったことに気が付きました。
ただ、すぐに辞めますというのも良くないと思ったので、とりあえず1年間はやって、新卒の中ではトップの成績を取ったので、辞めて転職活動をしたという流れです。

なるほど。ここからいわゆるIT領域に入ったのですね。
セプテーニホールディングスでは、コマースアンドテクノロジー社で金融クライアントのアフェリエイト広告を担当されていました。

上場企業に転職するも不況に見舞われる

セプテーニホールディングスに約2年半いらっしゃり、次が、2009年に楽天に入社ですね。
これはどういったきっかけですか?

本当は、セプテーニの後に独立をしようと思っていました。
周りでも第一次独立ブームがあり、割と営業でもやっていけるかなと思い準備期間を設けました。
ですが、その準備の期間中である、2008年の9月にリーマンショックが起こりました、、、

準備の期間中もお仕事しないといけないということで、フリーランスとして働いていたのですが、どこからも相手にされず、就職を決意しました。
その時に採用をしている会社が楽天くらいしかなかったです。

2009年に楽天に入られて、広告事業部に配属されたのですね。

はい、一番最初は大手広告代理店に「楽天のメディアを買ってください!」みたいなことを1年くらいやったのですが、前職とやっていることが変わらないなと思い、「もっと社内の仕事をやりたいです」と言いました。

その結果、ECコンサルタントの人たちに、楽天の中の商品を使って、新たに広告商品をつくってもらうという部署に配属されました。
経験したことのない分野で、楽しかったです!毎日400名くらいのECコンサルから個別に連絡があるんですよ。トラベルのITCという部署も兼務していたので、多くの楽天の中の人とコミュニケーションを取ることもできました。

独立を成功させるために事業を開始

2015年にいよいよ独立し、まずはAishare株式会社、まさにウェブマーケティングやコンサル事業で、独立しましたね。

そうですね。
2006年にセプテーニを辞めたあとはうまくいかなかったので、いつか独立しようと思っていました。
ただ、楽天が楽しかったこともあって、気がついたらもう32歳で、社会人になって10年経っていました。このままではいつまでも起業しないなと思い、何かをしたいというよりは、とりあえずやってみようという感じでした!

「えいや」で辞めて、ノウハウのあったウェブマーケティングで起業したのですね。

会社を買収し現社の社長へ昇り詰める

Aishareで独立しましたが、現在はサイトキャッチャーの代表ですよね。これはどういった背景があるのですか?

Aishareでは、インバウンドの事業(ゲストハウスの運営など)をやっていたんです。
でも、キャッシュがかかる事業で、小規模資本の会社がやる事業じゃないなと思っていた矢先にコロナ渦になってしまって、、、

回収も時間がかかりますもんね、、、

そんなときに、お客さんから「メディアを売却したいんだけど、売り先を知りませんか」と相談を受けたんです。でも、M&Aのことを全然知らなかったので、当時、M&A支援事業を行っていた金さん(インタビュアーであるIR Robotics社長)に相談しました。

M&Aって、かっちりしているものだと思っていたんですよ。
ですが、ディスカッションというよりも、お茶しながらみたいな雰囲気で話が進んでいったことに驚きました。

僕がIR Roboticsの社長になる前に、自分の会社でM&Aをやってたので、巡りあわせで出会ったみたいな感じでしたね笑

M&Aってビジネスマッチングみたいなものだから、実は話し合う方が重要ですよね。
カチッと資料にまとめるのも大事なのですが、いかに話し合い、双方を理解するかが大事なのかっていう話をしていましたよね。

はい、だから僕はM&Aは金さんから教えていただきました!
周りにも会社や事業を売りたい人が結構いて、密にご相談させていただきましたよね!

そんな中で「サイトキャッチャーの事業を売却したい」という話がありました。
ファベルカンパニーという会社がもっていて、4代目の社長でした。

ファベルカンパニーの前にもオーナーがいたということですね?

いました!
創業した方がフルスピードに売却して、光通信に売却して、光通信からファベルカンパニーに渡りました。

そのファベルカンパニーが売り先を探しているということだったので、セプテーニのときの営業先だった、Macbee Planetの創業者 兼 大株主の松本将和さんに「どうですか」と聞いてみたところ「すごく興味があるが、自分は上場企業の取締役をやっていて動けないので、お金はお互いで出して横山さんが代表やってよ。」と言われたんです。「じゃあやります。」と始まったのが2020年の7月です。

本当は買い手を探そうと思っていたサイトキャッチャーという事業を、自分が買っちゃったってことですよね。

そうですね。買った側になりました。
5代目ですが、稼働や実態としては、人数や売り上げ・利益も過去最大ですね。

サイトキャッチャーはサイトのM&Aが中心で、HPもすごく面白いなと思っています。
比較的スモールM&Aをやっていると思うのですが、大体どのくらいの金額感のM&Aを行っていますか?

レンジは、高くて10億円以下です。2~3億円とか、5億円もやっていまして、サイトに載せていない案件もかなりあります。というのも、サイトに出て決まることはそこまで多くないです。通常のM&A仲介のように、いい案件があれば、よくお取引のある企業に直接紹介というのをやっています。

集客するというよりも、合いそうだなという方に連絡して決まってることが多いということですか?

そうです!なので、サイト売買の皮をかぶったM&A仲介会社ですね笑

M&Aピッチ

ちなみにサイトキャッチャーで、つい先日から「M&Aピッチ」がスタートしましたね。

はい、これはすごくイチオシです!!

株式会社サムライインキュベートの榊原健太郎社長とIVSに一緒に行かせていただいたときに、学生が「ピッチしたいです」と言ってたんですね。学生のピッチって荒いのですが、情熱があって面白いなとなりました。「東京でもこういうのやりましょうよ」と榊原さんと話していたら、「M&Aピッチっていうのをやってみたらどう?」と言っていただいて。
最初は「M&Aピッチって、、、?売主がしゃべるのか、、、?」みたいな感じで、全然わからなかったのですが、やってみたらすごく好評でした!

大盛況だったみたいですね!何名くらい集まったのですか?

毎回40~50名くらい集まっていて、ピッチするのが5名です。ピッチする側も「今どれだけ売り上げていて、利益どのくらい出ていて、この金額で売りたいんです」みたいなことを発信する場ってないじゃないですか。なので、おそらく日本で初めてやっています。

参加したい人は誰でも参加できますか?有料ですか?

同じM&Aの仲介をやっている方はNGですが、基本的には参加したいという方がいたら、ぜひという形です。
金額は有料ですが、高いわけではないです。会場により異なるのですが、参加費は3000円前後です。

これはサイトキャッチャー社のビジネスにも繋がっていますか?

はい!過去に登壇していただいた方が30名くらいで、4社以上の売却が決定してます。
ピッチを見て、良いなと思った人が「あそこ買いたいので、仲介やってもらっていいですか?」と声をかけてきて、案件化しますね。

なるほど~!いろいろなプロセスをスキップできて、とても効率的ですね!

はい、めちゃくちゃスキップできます!

選択肢の一つがM&Aというだけで、中には「上場を目指しているんですけどどうしたらいいですか」という相談の方もおられるので、そうなったら榊原さんが「じゃあサムライインキュベートで検討します」みたいなこともあります笑
なので、M&Aの会社とVCの会社が参加希望の場合は、審査が入ります。

M&AでもIPOでも、いいということですね!

ちなみにM&Aピッチの案内サイトの中に、審査員として、株式会社FUNDiTの廣瀬寛社長がいらっしゃいますね。FUNDiT社へサイトキャッチャーの一部株式を譲渡されて、株主になってもらったのですよね。

そうですね。2024年6月から、一部株式を持ってもらっています。
自分たちはメディアのソーシングをやっている中で、FUNDiTさんはロールアップモデルです。なのですごくシナジーがありますね、ということで、「持分法適用会社として株式を買いたいです」というオファーをいただいたので、株主になっていただきました。

FUNDiTさんも「IT事業売れるくん」という事業をやっているので、そことの親和性をもっと作っていきたいという目的だったということですね。

視聴者に向けて一言

このチャンネルは、スタートアップベンチャーの社長で見てくださっている人もいるので、ぜひアナウンスをお願いします!

今はスモールM&Aを主力としてやっているのですが、日本だけでなく海外からも売却したいというお話をいただいています。楽天の時に少し英語を使っていたので、翻訳機能を使いながら多少のやり取りはできるのですが、、、
もっと海外にフォーカスしていきたいと考えているので、興味のある会社さんはぜひご連絡いただきたいです。

お気軽にコンタクトをという感じですね。

はい。あとは人材も募集しています。
僕が金さんにM&Aを教わったというのもあるので「M&A勉強したい!やってみたい!」という方を募集中です!

未経験者でも大丈夫ですか?

はい、むしろ未経験の方が良いです。
弊社は少し変わっていて、テレアポ営業は全くしていないです。テレアポせずに、紹介などでどうやって案件を増やしていくかを常に考えてやっているので、そこが通常のM&Aの業界のイメージとはちょっと違うと思います。

なるほど!連絡はお気軽にどうぞという感じですね。
ということで、今日はサイトキャッチャー代表の横山さんにお越しいただきました!横山さん、今日はありがとうございました!

ありがとうございます!

TwitterLineFacebook
インタビュー記事一覧へ